Giraud のすべての投稿

40代アラフォー。体の健康には人一倍気を付けています。

我が家では、睡眠をたくさん取ることを推奨しています(笑)。

私がもともと子供の頃からかなり早く寝かされて育てられたので(中学3年になるまで、8時に寝ていました)、未だに8時間寝ないとスッキリしない人間です。

たしか、世界の睡眠平均時間は8時間ぐらい(日本だと7時間と短い)

でも、沢山寝ることは健康にはもちろんですが、成長にも良いと思っています。

実際私は40歳になりますが平均よりは高い164センチありますし、牛乳が嫌いであまり飲まなかったのにここまで伸びたのは、やはり睡眠によるものではないかなと思います。

また、たっぷり寝ることで頭もスッキリしますし、睡眠不足は病気の元にもなると思うので、子供達もなるべく早く寝かせて、睡眠時間をしっかり確保させるようにしています。

あと、睡眠をたっぷりとらせるためにお風呂はゆっくりと長い間つからせます。

私の住んでいる地方は暑いのであまりお風呂につかる習慣というのがないのですが、シャワーだけで済ませるのとお風呂につかるのでは、リラックス度合いと疲れの取れ方が段違いです。

お風呂につからせると体がぽかぽか温まってリラックスするのか、子供達はお風呂からあがるとすぐウトウトとし始めます(笑)。

歳をとると夜寝れなくなるのでうらやましい限りです。

皆さんはどういう対策してるでしょうか?

何もしないでも眠れる方は本当にうらやましい限りですが、

日本人の5人に1人は不眠症に悩まされているという話もあります。

これからも健康のため、質の良い睡眠を心がけていきたいです。酵素ドリンク 飲みやすい

仮想現実が現実になりそうな時代になってきました。

結構古いアニメですが電脳コイルというアニメを知っている方はいるでしょうか?

好きなイメージを実際の視界に重ねてみることのできるメガネが普及した世界で小学生から中学生の登場人物が冒険するボーイミーツガールのストーリーです。

眼鏡の昨日は音声で入力してPCの画面のように視界に電子ペットやスキンなどを写していくものです。

SFっぽいですが舞台は一般的な日本だったので将来的にはこんな感じになるのかなーなどと思いながら見ていた記憶があります。

なんで、こういうことを思い出したかというと、

今娘がはまっているスマホゲームの話題が出たからです。去年の冬に配信されてからピークはちょっと過ぎたような感じですがまだまだ熱狂的なファンの多い電気ネズミのあのゲームです。

これが電脳コイルで出てきた電子ペットの入り口のような感じでおお!と思ったからです。

今のところ元々の携帯ゲームの映像をスマホのカメラで撮った画像に重ねているぐらいなのでアニメの電子ペットというにはまだまだです。

でも、ポケモンGOのおかげでスマホのアプリを通してゲームの世界と現実の世界をつなげることができるというのはSFの世界みたいでワクワクしますよね。

実際に導入されるかどうかはわかりませんが、

眼鏡型端末も

ペット型のAIも

現実の映像に電子ペットを投影するARの技術もあるので

やろうと思えばもう実現することも可能です。

ちょっと前にヘッドディスプレイの話題もありました。

電脳世界を体感できる世界になったんだ。と、あまり実感はしてないですが考えてしましますね。トリプトリズム

アルコールが弱いなら飲めなくてもいい、飲まないほうがいい

私は、アルコール飲料を飲むと、すぐに眠くなってしまいます。1杯のグラスワインだけで頭がぼーっとしてきます。今までにアルコールを飲んだ時の経験から、自分にはアルコール分解能力がきっと低いのだろうと考えていました。そこで、私はアルコールを無理をして飲むことを辞めました。健康上、アルコールを飲むことでの弊害のほうが、アルコールを飲むメリットを勝ると考えたのです。
 社会人になると、多くの人がそうであるように、アルコール飲料が勧められる機会はたくさんあります。仕事上、忘年会や新年会など親睦を深める場では、アルコールを飲まないことが返って場をしらけさせる雰囲気だってあります。
 また、アルコールにはリラックス効果を狙って、親睦を深める機会に利用されるのでしょう。それに、寝る前にお酒の力を借りて入眠を助ける人もいるくらいです。
 では、私がどうしてアルコールを辞めたのかというと、その理由はアルコールによって人生を破綻させてしまった人をみてきたからです。私と同じようにアルコールにもともと弱かった人が、仕事上の付き合いで少しずつ飲むようになり、いつのまにか常飲するようになると体は悲鳴をあげていきます。アルコールで得られていたリラックス効果を得るにも、アルコールの耐性により量を増やさなければいけなくなります。
 つまり、アルコールは依存性があるのです。依存症になると、依存から抜け出すのは難しくなります。アルコールなしではいられない生活になるのです。ですが、アルコールによって最も障害を受ける肝臓は、最終的に肝硬変という病気になり、元の健康な肝臓に戻れなくなるのです。
 私は、アルコール依存の人、アルコール依存の末に健康障害をきたしている人を何人もみてきました。その経験から、アルコールは害でしかないと思うようになったのです。最近は、アルコールを飲もうという気も起きなくなってきました。社会人として、アルコールに弱いのに、回りの人に合わせて我慢して飲んでいる人がいれば、無理しなくてもいい、無理しないほうがいいと言ってあげたいです。

二の腕 ブツブツ

睡眠不足は血の巡りを悪くする

昨夜はちょっと悩むことがあってよく眠れなかったのです。
いや、悩むというか落ち込むというか(笑)
若い頃は「睡眠不足はお肌の大敵」と言っていましたが、今はもう、お肌だけでなく体全体がぐったりしています。

睡眠が大切なことは誰でもご存知なことだと思います。
睡眠不足になると、とにかく体調が悪い…と実感します。
これほどわかりやすく体感できる事実もないってくらい。
本で読んだところ、睡眠不足は自律神経のバランスを乱すそうです。
具体的には交感神経が優位にたってしまうので、なんと!血流が低下するのです。
人間は血がめぐってこそ健康なので、これは明らかに体に悪い…。
体幹的にわかりやすい例は、なんだか頭がぼうっとすることです。
脳に血が行っていないのが、ありありとわかります。
これが全身、そういう状態だと思うと怖いです。

そういえば、鍼の先生が言っていたことを思い出しました。
(私は健康維持と、痛みの軽減のために、定期的に鍼治療にいっているのです。)
睡眠不足だと、鍼をうっても血流が良くなりにくいので、効果も半減だ、と。
というか、そもそも血流をよくするために鍼をうつらしく、血流は健康の根本だと言っていました。

あ~しかし、本当に今日はずっと、体がしんどいです。
反省して…というか切羽詰まって(?)
今日は絶対、時間的もそして質的にも良い睡眠をとるぞ~!
北の大地の夢しずく

ニキビの薬の種類

息子がにきびがひどく今度薬を買うことにしたらしい。

しかし、最近のニキビ薬は種類が増えたな。

昔は、適当にロート製薬あたりのものでよかった気がする。

今だと年齢別、ニキビの種類別、会社は10社ぐらい。

おおい、しかもどれも似たような感じだ。

臭素クリームとかステロイド系とか聞いていて大丈夫だろうかと心配になってくる。

とりあえず、母さんが詳しいので全部任せてはいる。

私も母さんもニキビはひどいのでまあ、息子も我慢してもらおう。

とはいえ、母さんはもう綺麗すっかり直している。

私の方は男性なので思春期以降はニキビには縁がなかったがちょっと後は残っている。

10年後20年後公開すると思っていてもやっぱり潰してしまうのです・・

いや、当時はそこまで長いスパンで刃物を考えてなかったな。

息子の方もニキビはさほど気にしていないらしく、放っておいてもいいよとは言っている。

周囲も結構ニキビの学生が多いからなのだろうか。

まあ、うちは二人とも苦労したのでニキビ対策は過敏です。

あれは早めに治しておいた方がいいとは思うので、お金に関してもある程度はかけれるように相談している。

それはともかく、見ているこっちもいたくなるようなニキビだ。

二の腕 ブツブツ

不眠症を改善させるには

健康と睡眠って強い相関関係にありますよね。

眠れなかった日には、イライラしたりぼーっとしてしまったり、日中かなりつらいです。
睡眠に問題を抱えていると、大なり小なり日常生活に支障があります。
今現在私自身も不眠症に悩まされているのですが、一番酷かった時期には睡眠導入剤を使用してもなかなか寝付けなかったのですが、大分ましになり、入眠までにかかる時間は短くなり、途中覚醒もなくなりました。
薬を呑まずに不眠症対策したい、そんなときには次の三つが良いです。

1.ASMRを聴く

ASMRとはAutonomous Sensory Meridian Responsの略ですが、いわゆる音フェチです。タイピングの音や、焚火の音、雨音、雪道を歩く音など心地いい音をASMRと名付けて投稿された動画が沢山あるのですが、こういったもののほとんどがバイノーラル録音されていて、まるでその場にいるような臨場感あるものです。おすすめは、耳かき音、耳のマッサージ音、シャンプー音です。かなり心地よいので、すぐ眠気が押し寄せてきます。

2.漢方を使う

薬を呑みたくないなら、漢方がお勧めです。西洋医学をもとにした薬と違い、漢方は色んな生薬が配合されてできているので、一つで様々な問題に対処できます。
不眠に効く漢方は色々あるのですが、特に女性ならば桂枝茯苓丸がおすすめです。生理前のイライラや血の滞りからくる肩こりなんかにも効きます。クマや、肌のくすみにも効く美容の漢方だと言われています。

3.朝日をしっかりあびる

太陽の光をあびてからおよそ14時間後に眠気がきやすいと言われています。起きたら朝日をしっかり浴びることで、日中の眠気は抑えられ、入眠しやすくなります。
グッドナイト27000