Troisi のすべての投稿

オイルカットクレンジング、オイルクレンジングとの違いは?

メイクをしている人や日焼け止めを使っている人は、毎日クレンジングを使って肌の汚れを落としてから、スキンケアをすることになりますが、クレンジングを選ぶときに使用間だけで選ぶことは、肌へのダメージを蓄積させてしまうことがあるため、肌質や肌状態によって選ぶことがおすすめです。メイクをきれいに落とすイメージがあり、洗い上がりがさっぱりとすることで人気があるオイルは、メイクや皮脂、ほこりなどをオイルで溶かして落とすことができますが、肌に必要なうるおいも一緒に洗い流してしまうことになるため、肌が乾燥している人には向いていません。

肌がべたついたり、ニキビができたりする人は、オイリー肌だと思って、オイルクレンジングを使う場合が多いのですが、オイル成分が皮脂を溶かして洗い流してしまうために、肌に必要なうるおいがなくなってしまうことがあります。潤いが足りなくなると、肌が自分自身を守るために、皮脂を過剰に分泌してべたつきやニキビで悩まされるという悪循環に陥っている可能性があるのです。

オイルクレンジングは、汚れや過剰な皮脂を落とすことができる反面、肌に必要なうるおいも取り除いてしまう可能性がありますが、オイルカットクレンジングの場合は、肌に必要なうるおいを残しながら、メイクや余分な皮脂、ほこりなどの汚れもきれいにすることができるという違いがあります。オイルカットクレンジングを使うと、洗い上がりの肌がしっとりとして、つっぱり感が気にならないことや、肌がきれいになっているので、化粧水の浸透が良いことなどが特徴です。

肌は適度にうるおっている状態をキープすることで、正常な働きをすることができ、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーや肌が自分自身を外部の刺激から守るバリア機能は、肌内部の水分量が十分なことが大切です。毎日のクレンジングで、皮脂を過剰に取り去ってしまうと、ターンオーバーやバリア機能を正常に発揮することができなくなってしまうため、オイルカットクレンジングを使うことがおすすめです。

口コミサイトで大人気!DUOクレンジングバーム

ニキビケアのための洗顔のポイント、注意点について

繰り返すニキビに悩む人も多いことと思いますが、ケアを行う上で洗顔は重要なポイントとなります。
初期段階のニキビであれば、洗顔だけでも改善すると言われているほどです。

しかし、間違った方法で洗顔をしていては、ニキビを治すことができないだけでなく、悪化させてしまう可能があります。
そこで、洗顔を行う際には次のような注意点を把握しておきましょう。

まず最初のポイントは、肌に優しく低刺激で、自分に合った洗顔料を使用することです。
余計な添加物を使用していないもので、ニキビケアに有効な成分が含まれているものだと尚良いです。
石鹸タイプなどは肌に優しいものが多く、おすすめです。

次に、頻繁に洗いすぎてはいけません。
肌を清潔に保てそうだというイメージから、何度も洗うと肌に良さそうな印象を持つかもしれませんが、実はこれは逆効果です。
洗いすぎることで、肌にとって本来は必要な油分までもが洗い流されてしまいます。
そうすると、肌が乾燥状態になるのを防ぐため、より多くの油を分泌します。
ニキビの原因となる皮脂を増やすことにも繋がるため、結果的には肌のケアにはならないのです。

このことから、1日に何度も洗顔せず、軽く汚れを洗い流すようなイメージで優しく洗うように心掛けましょう。
そして最後に、すすぎはしっかりと行いましょう。
いくら低刺激であるとはいえ、洗顔料は化粧品のように肌に残し続けて良いものではありません。
あくまで汚れを洗い流すためのものなので、肌を洗った後は綺麗に流しましょう。以上が、ニキビケアにおける洗顔のポイントとなります。

尚、肌への刺激を避けることから、パフやブラシを使用するのも控えた方が良いです。
あくまで優しく洗うことを意識しましょう。
石鹸をしっかりと泡立てて洗うことは効果的で、そうすることで毛穴の奥の汚れまできちんと落とすことができます。
十分に泡立てた上で、円を描くように指の腹を使い、マッサージするようにして洗うと効果的です。

プラクネの最安値はどのショップ?