Margaret のすべての投稿

転職を考えたきっかけとは?

転職を考えるようになったのは、今の「職場環境」から脱出したいと思ったからです。
職場環境というのが、正直良いものではなく、上司同士が毎日喧嘩をしていたり、私達に対しても罵声や暴言が酷いという環境でした。
上司が「言っているうちが華だ」「言われなくなったらおしまいだ」「これも指導の一環だ」「お前達の事を思って言ってるんだ」という言葉を最初のうちは信じ込んでいましたが、次第に本当にこれは「指導」なのか、単なるストレスのはけ口にされているのではと疑問を抱くようになりました。
他の人達も同様に、上司の言葉遣いに対して不満を感じている様子でした。
皆で頑張って乗り切ろうという団結力もあった頃もありましたが、自分自身、だんだんそのような環境にいることに限界を感じるようになりました。
そんなある日、出勤途中に電車に乗れなくなってしまったことがありました。
それをきっかけに、出勤をしても職場で過呼吸になってしまったり、思うように動くことができなくなってしまう自分がいて
どんどん自信をなくしていきました。
ちゃんとやらなくてはと思えば思う程、上司の顔を思い浮かぶと吐き気や頭痛など身体に支障をきたすようになりました。
そういった私の姿を見た上司から「使えないやつ」「もう帰れ」「消えろ」という自分に対する暴言がきつく、酷くなりました。
やがて、出勤もままならない状態となり、しばらく休職をすることになりました。
休職中も上司からの暴言や姿が常に頭に浮かぶようになってしまい、休んでいるのに苦しい気持ちが抜けませんでした。
今から上司の性格を変えるのは難しいし、もうこの職場を辞めるしか方法がないのかもと思い、転職を決意しました。
仕事内容は好きだったので、転職しても良いのかと悩みましたが、上司からの暴言や言葉に耐えられなくなっている心身で
続けるのは良くないと思い、休職期間を経て、退職をすることとなりました。
仕事内容が好きなだけでは仕事を続けることは大変だということ、言葉一つで身体的なダメージを受けてしまい
転職を考えてしまうまでになってしまうことを実感しました。

転職エージェントがおススメ!薬剤師のおすすめ転職サイト

就活で大変だったこと

昨年の就職活動を経験して大変だったことは、情報解禁から面接解禁までの期間が短期間であったことです。

 

3月1日に就職サイトで情報解禁・説明会受付がスタートし、3月~4月にはほとんどの志望する企業にエントリーシートを提出しなければならず、かなりハードな期間でした。6月から面接がスタート、内定が出ると形式上はなっていますが、実際にはほとんどの企業が4月には面接をスタートさせるため、6月の時点では大多数の企業の選考を終えていました。
私は約30社にエントリーシートを提出しました。

 

大きな会場で、大人数の中に混ざって合同説明会に行くことが億劫であったため、説明会には選考に必須なもの以外ほとんど行きませんでした。

 

3月下旬から4月下旬にかけての約1か月間、ほぼ毎日志望する企業のエントリーシートの締め切り日があり、4~5日まともに寝ない日もありました。面接時もメンタル面で大変だなと思いましたが、この1か月が私は最も大変でした。多い日では一日3件の締め切りがあることもあり、速達で郵送することもざらにありました。また、肉体的に、精神的に大変だったこともそうですが、金銭面も大変でした。速達で何社にもエントリーシートを提出すると、お金もそれなりにかかります。

それに加えて、証明写真代がかなりかかりました。やはりエントリーシートでの印象をできるだけよくするには証明写真はとても大切な要素の一つです。駅やコンビニにある、スピード写真は論外であり、それなりにお金をかけなければなりませんでした。

私は写真1枚につき648円かけていました。加えて最近は写真をインターネット上でアップロードして提出することも普通にあるため、約5000円で写真データも購入しました。

証明写真だけで総額1万円は超えていました。それでエントリーシートの時点で選考に落ちてしまうとお金をどぶに捨てたような気持ちになり、精神的にもつらかったです。面接ももちろん大変でしたが一瞬で終わるため、やはりそこのこぎつけるまでのエントリーシートなどの準備段階が最も大変でした。

産業医 転職 求人

おすすめしたい医療レーザー脱毛

年頃になってから、人よりも体毛が濃いと感じていたので、体毛についてすごくコンプ
レックスがありました。カミソリで処理してもそり後として黒い点々が残ってしまい。水着や薄着になる季節が憂鬱でたまりませんでした。また、年中、365日、おふろの時間にカミソリでムダ毛の処理をするのはとても面倒で、敏感肌ということもあり、カミソリまけをすることも度々あったので以前より脱毛にはすごく興味がありました。
そこで、社会人になってはじめて、念願の脱毛の施術をうけてみることにしました。価格が安いということで某エステの年間コースを利用ました。しかし、はじめの説明では、回数を重ねるたびに、毛量が減り、最終的にはなくなります。ということでしたが、何カ月通っても毛量がへる気配はなく、、、途中で解約はできないとの契約でしたので、結局なんの効果も得られないまま、支払だけは済ませたかたちで途中で挫折してしまいました。
その後、どうせ脱毛してもお金のムダだと思いこんでいたので、しばらくまたカミソリ処理の日々が続いていました。そんなある日、会社の先輩との何気ない会話のなかで、脱毛に通ってるんだけど、すごくいいよーという話を教えてもらったのです。その先輩は、とてもきれいで毎日ファッションもおしゃれで仕事もできる私にとってあこがれの先輩でした。そんな先輩のおすすめということと、エステではなく医療脱毛で安心だよということで、なかば半信半疑ではあったのですが、共立美容外科の脱毛に通ってみることにしました。
私が通ったの福岡院は、天神の中心地にありとても立地もよく、お買いものや、仕事帰りに立ち寄れるのが、すごく便利でした。はじめて来院したときはとても緊張しましたが、受付のかたも感じがよく、看護婦さんによるカウンセリングもとても丁寧で、安心して施術を受けることができました。
はじめは、脇の脱毛をお願いしました。上半身バスロープのようなものを着ての施術になります。また、レーザーで黒い色素の部分を焼くので目を守るため、ゴーグルのようなものをつけ脇にレーザーをあてました。焼けるような臭いがして、チクチクとした痛みがありましたが、我慢できないような痛みではありませんでした。施術時間は10分程でおわりました。
その後は、直射日光にはあてないようにとの注意をうけ、その日の施術は終わりました。敏感肌ということもあり、レーザー脱毛をした部分は赤く腫れましたが、一晩で赤みも腫れもひきました。
そして、施術をして数日後、脇の毛がスルスルと抜け落ちていくのです。一回の施術でここまで効果があるとは思っていなかったので、とてもびっくりしました。そして、個人差はあるとは思いますが、三回の施術で私の脇はつるつるになりました。いままでのカミソリ処理の苦労がうそみたいです。もっと早出会っていれば、、と思うほど効果抜群でした。ぜひ、ムダ毛の処理で悩んでいる方に、お勧めしたい美容外科です。

美容 エステ 脱毛 美白