Margaret のすべての投稿

看護士の転職、「こんなはずじゃなかった!」にならないために

いま転職を考えている看護士さんたちには、
転職を考える何か大きな『理由』があると思います。

「給与」「人間関係」「忙しさ」「育児との両立」などなど・・・

私が以前、看護士さんの転職のお手伝いをする仕事をしていたときも、
ほとんどの方が『1つの大きな転職理由』をお持ちでした。
ただ、職場選びをするうえで「そこだけ」を見て転職をすると
多くの場合、別の不満を生み出します。

例えば、
「給与」だけを見て職場を決めたら
想像以上に激務だった、通勤しにくい・・・
「忙しくない環境」だけを見て職場を決めたら
給与が思いのほか少ない、今後の看護士としてのスキルに不安が出てきた・・・

などなど、実際に転職して仕事を始めてみると、
違う不安・不満を感じてしまうことも少なくありません。

できれば、もう一度転職、ということは無いに越したことはないですよね。

その転職で後悔のないようにするには
ずばり「いろいろな求人を見てみること」です。

転職をするときに、『1つの転職理由』を改善できる求人があった場合。
つまり、「給与がいい」「忙しくない」等の条件に合った求人があった場合。
一度「ここなら希望に合っている!」とその部分に魅力を感じてしまうと
ほかの条件は深く考えなくなってしまいがちです。

上記の例で言えば、
「給与が良ければ、ちょっと忙しくても、ちょっと通勤しにくくても頑張れるはず」
「今の忙しさがなくなるなら、仕事内容なんてなんでもいい」
という考えに陥りがちなんです。

それはもちろん、それだけ今の職場で無理をして頑張っていて
一刻も早く状況を改善したい、ということだと思います。

でも、そこで一歩立ち止まって考えてみてください。

給与は希望よりちょっと少なめだけど、他に魅力のある求人。
仕事内容は今までと同じだけど、残業を減らすための工夫がされている職場。

今の環境が劇的に一変はしなくても
他の部分で自分に合っている職場があるかもしれません。

まずは、自分の中の『1つの転職理由』をもう少し柔軟にとらえて、
長い目で見たときに無理のない働き方ができるか、
ということを、落ち着いて考えてみるといいと思います。

いろいろなところに実際に見学にいって質問をしたり
転職サイトに登録して、エージェントに相談したり
転職経験のある先輩に相談したり・・・

そうしていろいろな角度からじっくり考えて決めた職場であれば
きっと転職後も納得のいく仕事が始められるのではないでしょうか。

産業医への転職

転職について

転職について自分の経験談をふまえてご紹介します。首尾一貫してお伝えしたいのは、どうにもならない状況になる前に環境を変えて新しい生活を始めてほしいということです。以下、4章に分けてお伝えします。

1.転職を考えたきっかけ
毎日、昼夜プロジェクトの進捗報告が続きました。私の参加していたプロジェクトではチームメンバーが4名で各々が素人です。クライアントは大手企業の役員クラスで新規システム導入の案件でした。プロジェクト統括リーダーも素人ですから指示が、メンバーにほぼ丸投げのため、調べながらなんとか仕事を期日までに間に合わせるというスケジュールで仕事が進行しておりました。毎日、結果が出ておらず遅延報告が多かったため、人間関係もぎくしゃくしており、ついに私は体を壊していました。その職場から離れたいなと思ったのは、自分の体調がきっかけです。

2.転職エージェントに相談
転職エージェントに相談したのですが、私の心身が疲弊しているせいか、あまり相手にしてもらえませんでした。よくよく考えてみれば仕事が過酷で抜けたいという理由であれば、また転職先でもやめる可能性があるためであったと思われます。相手からしたら紹介先しようもないですね。

3.転職をしたその後
結局自主退職の形をとり、別の場所で仕事をはじめました。新しい職場では、仕事の指導者がいて、勤怠時間もしっかり管理されているため体調を崩さず長く働くことができました。前職とは環境が違うため、コミュニケーションの取り方や仕事の進め方が違い戸惑うこともありましたが、2週間ほどで新しい環境になじめました。

4.経験を踏まえた助言
環境によって、仕事の進め方や付き合う人も変わります。私が強く助言させていただきたいのは、環境は変えることができるということです。身近な部分で、組織内部の人との人間関係を良好にすることもできますが、今回のケースのようにチーム単位で仕事が解消しきれない場合、自身の体調を加味して早めに手を引くことをお勧めします。

東京・神奈川・埼玉・千葉の医師の転職|エージェントおススメTOP3

切なさのメッセージと求めるもの

人が生きているうち、必ず一度や二度は誰しも寂しさや孤独感、不安や切ない気持ちを覚える瞬間がつきものですね。私も寂しさってどうしてあるのかなぁと考えたとき、これはもう人として生まれついたからにはある意味宿命的なものなのだろうなと思うようになりました笑。
誰かと繋がっていないから、寂しい。好きなあの人に思うように愛されないから、寂しい。誰も自分のことを分かってくれなくて、寂しい。などなど、寂しさや孤独や切なさの理由は多々あると思います。
ですが、必ずしも孤独感や切ない気持ちは悪いことばかりでもないように思います。不安に思うことと同じで、その不安や切なさの向こう側に、本当に自分自身が何を求めているのか、真相を訴えるようなメッセージが隠されていることが多いと思うからです。
何か、持て余してしまう時間があるからこそ必要以上に寂しさや孤独な気持ちに駆られてしまうこともあると思います。そんなときは自分なりに有意義に時間を過ごすための時間割を作って、手っ取り早いのは運動してしまうことでしょうか。私は何となく寂しいなーというときは意識して動くようにしています。運動しているとけっこう時間が経つのもあっという間ですし、健康や気分転換にもいいことばかりです。
あとは、むしろどの道一生の中で多かれ少なかれお付き合いの必要が出てくる孤独を友達のように受け入れて、趣味など創作活動の方にエネルギーを費やしたりするのもおもしろいかもしれません。孤独や切なさ、不安な気持ちこそ自分を見つめる大事なチャンスとして、求めているものを捉えていきたいですね。

看護師 転職

友達と女子会@フードコート

今日は友達女子会をしてきました!
昨晩急に集合することになり、何人来れるかもわからなかったので、とりあえず近くのショッピングモールのフードコートに集合。

その後どこかのカフェに移動しようと言う話だったのですが、一人が遅れてくるのを待っている間に色々と注文してしまい、そのまま最後までフードコートでお喋りしてしまいました!笑

いつもはおしゃれなカフェなどお店もこだわって探したりするのですが、ショッピングモールのフードコートも意外と”思ってたよりアリ”でしすね。
お子さんや学生さんで騒がしくて、賑わう時間帯は満席になったりして落ち着かないと思っていましたが、今日は人も少なく、隅の方に座ったので周りの声も気になりませんでした。
それぞれが自分の好きなものを頼めるし、店員さんの目がないのでゆったりできる!

私はミスタードーナツでチョコファッションとコーヒーを頼み、食べながら喋っていたのですが、その後小腹が空いてみんなでアイスクリームも食べてしまいました!
完全にカロリーオーバー!!
一応ダイエット中なのでまずいです!

みんなで一緒にいると楽しくてついつい甘いものも食べ過ぎてしまいますよね。
なんて、みんなで言い訳しながらアイスも美味しく頂きました!笑

5時ごろに解散して、帰り道がおなじ友達3人でとショッピングモール内を散策してから帰りました。

とっっっても可愛いうさぎのチャームがあったので買ってしまいました!
明日から仕事用のカバンにつけていきたいと思います(^^)

看護師 転職

自分なりの充実GW

この連休中はゴールデンウィークだからこそ、自分を磨くことにも充てて愉しみました。
ここぞとばかりに時間をかけてヘアトリートメントをしたり、お肌やトータルボディケアをしたり、ネイルを整えたり、カラーリングしたりと。キレイになっていくプロセスや実感は女として愉しいし、嬉しいし、happyだしで、損はありませんね笑。
カラダが喜ぶものや欲しがってるものを素直に食べて、耳と心が受け付ける音楽をかけながらカラダが喜ぶエクササイズをしたり、歩いたりしました。
この意図的な徒歩が最近私の中で流行っています。今日も最寄りとはいえ徒歩で片道20分は確実にかかるのですが、ショッピングモールあたりに行ってみました。モール内にある100均でお気に入りのアロマオイルや夏のインテリアものを求めたり、すぐお隣にあるハードオフでは懐かしのCDを適当に見たりしてスケバン刑事なんかを見つけた瞬間おおー!これは古いなぁと感心してしまいました笑。こういう思いがけない掘り出し物が見つかるところが、中古屋さんやリサショップの凄いところですね。
帰りはいつものスーパーでいつものインスタントコーヒーや食材を調達です。今回はコク深いブレンディを試してみたくて買いました。この、意図的に歩いて事を済ませに行く習慣が始まってしばらくのときが経ちましたが、これがなかなかおもしろく、意外な人との出会いもあったりします。
あっという間の休暇でしたが、今後もあちこち歩いてみたいと思います!

エムスリ- 医師 転職

転職を考えたきっかけとは?

転職を考えるようになったのは、今の「職場環境」から脱出したいと思ったからです。
職場環境というのが、正直良いものではなく、上司同士が毎日喧嘩をしていたり、私達に対しても罵声や暴言が酷いという環境でした。
上司が「言っているうちが華だ」「言われなくなったらおしまいだ」「これも指導の一環だ」「お前達の事を思って言ってるんだ」という言葉を最初のうちは信じ込んでいましたが、次第に本当にこれは「指導」なのか、単なるストレスのはけ口にされているのではと疑問を抱くようになりました。
他の人達も同様に、上司の言葉遣いに対して不満を感じている様子でした。
皆で頑張って乗り切ろうという団結力もあった頃もありましたが、自分自身、だんだんそのような環境にいることに限界を感じるようになりました。
そんなある日、出勤途中に電車に乗れなくなってしまったことがありました。
それをきっかけに、出勤をしても職場で過呼吸になってしまったり、思うように動くことができなくなってしまう自分がいて
どんどん自信をなくしていきました。
ちゃんとやらなくてはと思えば思う程、上司の顔を思い浮かぶと吐き気や頭痛など身体に支障をきたすようになりました。
そういった私の姿を見た上司から「使えないやつ」「もう帰れ」「消えろ」という自分に対する暴言がきつく、酷くなりました。
やがて、出勤もままならない状態となり、しばらく休職をすることになりました。
休職中も上司からの暴言や姿が常に頭に浮かぶようになってしまい、休んでいるのに苦しい気持ちが抜けませんでした。
今から上司の性格を変えるのは難しいし、もうこの職場を辞めるしか方法がないのかもと思い、転職を決意しました。
仕事内容は好きだったので、転職しても良いのかと悩みましたが、上司からの暴言や言葉に耐えられなくなっている心身で
続けるのは良くないと思い、休職期間を経て、退職をすることとなりました。
仕事内容が好きなだけでは仕事を続けることは大変だということ、言葉一つで身体的なダメージを受けてしまい
転職を考えてしまうまでになってしまうことを実感しました。

転職エージェントがおススメ!薬剤師のおすすめ転職サイト

就活で大変だったこと

昨年の就職活動を経験して大変だったことは、情報解禁から面接解禁までの期間が短期間であったことです。

 

3月1日に就職サイトで情報解禁・説明会受付がスタートし、3月~4月にはほとんどの志望する企業にエントリーシートを提出しなければならず、かなりハードな期間でした。6月から面接がスタート、内定が出ると形式上はなっていますが、実際にはほとんどの企業が4月には面接をスタートさせるため、6月の時点では大多数の企業の選考を終えていました。
私は約30社にエントリーシートを提出しました。

 

大きな会場で、大人数の中に混ざって合同説明会に行くことが億劫であったため、説明会には選考に必須なもの以外ほとんど行きませんでした。

 

3月下旬から4月下旬にかけての約1か月間、ほぼ毎日志望する企業のエントリーシートの締め切り日があり、4~5日まともに寝ない日もありました。面接時もメンタル面で大変だなと思いましたが、この1か月が私は最も大変でした。多い日では一日3件の締め切りがあることもあり、速達で郵送することもざらにありました。また、肉体的に、精神的に大変だったこともそうですが、金銭面も大変でした。速達で何社にもエントリーシートを提出すると、お金もそれなりにかかります。

それに加えて、証明写真代がかなりかかりました。やはりエントリーシートでの印象をできるだけよくするには証明写真はとても大切な要素の一つです。駅やコンビニにある、スピード写真は論外であり、それなりにお金をかけなければなりませんでした。

私は写真1枚につき648円かけていました。加えて最近は写真をインターネット上でアップロードして提出することも普通にあるため、約5000円で写真データも購入しました。

証明写真だけで総額1万円は超えていました。それでエントリーシートの時点で選考に落ちてしまうとお金をどぶに捨てたような気持ちになり、精神的にもつらかったです。面接ももちろん大変でしたが一瞬で終わるため、やはりそこのこぎつけるまでのエントリーシートなどの準備段階が最も大変でした。

産業医 転職 求人

おすすめしたい医療レーザー脱毛

年頃になってから、人よりも体毛が濃いと感じていたので、体毛についてすごくコンプ
レックスがありました。カミソリで処理してもそり後として黒い点々が残ってしまい。水着や薄着になる季節が憂鬱でたまりませんでした。また、年中、365日、おふろの時間にカミソリでムダ毛の処理をするのはとても面倒で、敏感肌ということもあり、カミソリまけをすることも度々あったので以前より脱毛にはすごく興味がありました。
そこで、社会人になってはじめて、念願の脱毛の施術をうけてみることにしました。価格が安いということで某エステの年間コースを利用ました。しかし、はじめの説明では、回数を重ねるたびに、毛量が減り、最終的にはなくなります。ということでしたが、何カ月通っても毛量がへる気配はなく、、、途中で解約はできないとの契約でしたので、結局なんの効果も得られないまま、支払だけは済ませたかたちで途中で挫折してしまいました。
その後、どうせ脱毛してもお金のムダだと思いこんでいたので、しばらくまたカミソリ処理の日々が続いていました。そんなある日、会社の先輩との何気ない会話のなかで、脱毛に通ってるんだけど、すごくいいよーという話を教えてもらったのです。その先輩は、とてもきれいで毎日ファッションもおしゃれで仕事もできる私にとってあこがれの先輩でした。そんな先輩のおすすめということと、エステではなく医療脱毛で安心だよということで、なかば半信半疑ではあったのですが、共立美容外科の脱毛に通ってみることにしました。
私が通ったの福岡院は、天神の中心地にありとても立地もよく、お買いものや、仕事帰りに立ち寄れるのが、すごく便利でした。はじめて来院したときはとても緊張しましたが、受付のかたも感じがよく、看護婦さんによるカウンセリングもとても丁寧で、安心して施術を受けることができました。
はじめは、脇の脱毛をお願いしました。上半身バスロープのようなものを着ての施術になります。また、レーザーで黒い色素の部分を焼くので目を守るため、ゴーグルのようなものをつけ脇にレーザーをあてました。焼けるような臭いがして、チクチクとした痛みがありましたが、我慢できないような痛みではありませんでした。施術時間は10分程でおわりました。
その後は、直射日光にはあてないようにとの注意をうけ、その日の施術は終わりました。敏感肌ということもあり、レーザー脱毛をした部分は赤く腫れましたが、一晩で赤みも腫れもひきました。
そして、施術をして数日後、脇の毛がスルスルと抜け落ちていくのです。一回の施術でここまで効果があるとは思っていなかったので、とてもびっくりしました。そして、個人差はあるとは思いますが、三回の施術で私の脇はつるつるになりました。いままでのカミソリ処理の苦労がうそみたいです。もっと早出会っていれば、、と思うほど効果抜群でした。ぜひ、ムダ毛の処理で悩んでいる方に、お勧めしたい美容外科です。

美容 エステ 脱毛 美白