熱いしょうが汁の効果

昨年の年末、人生で初めて私はインフルエンザに感染しました。 幸いなことに、金曜日にインフルエンザに感染しましたが、日曜日には高かった高熱も平熱に下がり、月曜日には在宅の仕事を再開しました。
高熱が出てしまったとき、「大量の汗をかいて熱を下げる」と言いように、何枚も厚着をし、2,3枚布団も重ねて私は「汗をかこう」と決めました。 しかし、ただ布団に潜り込んでいるだけで汗はかけず、40℃近くまで上がった熱でぐったりしていました。 そんなとき父親が、「今から熱いしょうが汁作るから飲んだらどうだ?」と言ってくれました。 布団の中で私は「しょうが汁なんて美味しくないから嫌だな」と思っていました。 しかし、父親が作ってくれた熱いしょうが汁は、しょうがとすりおろしたりんごにはちみつを加えて飲みやすく美味しかったです。 「これを飲めば体がポカポカになってたくさん汗をかけるぞ!」と父親が言ったとおり、しょうが汁を一気に飲み干すと、予想以上の汗をかき、2日後平熱に下がりました。

苦しんでいた夜、父親が作ってくれたしょうが汁の効果を痛感したと同時に、熱が出てしまったときは、「熱いしょうが汁を飲めばよかった」と思い知らされました。

低年式 車査定

宗教者が政治に積極的に関与できるようになりました

“宗教者が政治に積極的に関与できるようになりました

トランプ大統領は、政治活動に熱心な教会が非課税措置を失うのを防ぐ大統領令を発表しました。

木曜日の国民の祈りの日に合わせて出された大統領令は、これまで漏れ伝えられてきたように、企業が性的指向などを根拠に顧客を差別的に扱うことを認めるといったことまでは含みませんでした。

新たな命令は、政府が「宗教的自由を守り積極的に促進する」という、より曖昧な宣言になっています。

この命令は、宗教団体がオバマケアの元での避妊薬を提供する義務を免れることも目的としているようですが、その点について、政権は詳しい説明を避けているようです。

トランプ大統領は、水曜日の夜には福音派指導者と、木曜日の午前にはカトリックの指導者たちと会い、「あなた方は今、言いたいことを言うことができる立場になりました」と宣言し、「私たちは教会に彼らの声を戻している」と述べました。

これまでは神父が説教壇から特定の候補への投票を呼びかけることは禁止されていたようですが、今後はおおっぴらにそれが出来るようになったということでしょうか。

結局これは憲法修正第一条の政教分離に関する問題なのだと思いますが、宗教と政治の一体化は保守派がずっと推進してきたことなのでしょう。国家が世俗主義であるべきか、宗教国家であるべきかというのは、かなり難しい選択なのかもしれませんね。”
ブロリコ ペット用 免疫力