私が世界で1番好きなもの

私は小さい頃から音楽が好きでした。始めて触った楽器は、誰しもが経験のある鍵盤ハーモニカです。小学校で始めて触り、音楽の楽しさを知りました。よく自分で曲を作って遊んだりしました。私の通っていた小学校は小中一環の学校でした。中学校は部活が強制システムで、何かしら部活に入らないと行けませんでした。しかし、小さい学校だったためか、部活はバスケットボール部か吹奏楽部しかありませんでした。放課後に図書館にいると、吹奏楽部のお兄さんやお姉さんが練習する楽器の音がいつも聞こえて、よく中学校の音楽室の前まで行き、練習を見ていました。小学校5年生に上がった頃、いつものように見に行くと、吹奏楽部の顧問の先生に楽器吹いてみる?と誘われて、その時始めて鍵盤ハーモニカでもリコーダーでもない、トランペットという楽器に触れました。冷たくて、重たいという記憶が今でも残ってます。はじめは全く音がでなくて顧問の先生に教わりながら音が出せるようになりました。それがきっかけで、中学校になったら、絶対吹奏楽部に入ろうと強く感じ、中学に上がって吹奏楽部に入り、本格的にトランペットの練習を始めました。中々音が出せなかったり、肺活量がなく息が続かなかったりと沢山壁にぶつかりました。でも、辞めたいと思ったりはしませんでした。音楽に触れてる時間はどんなに苦しくても、私にとって大切な時間でした。高校に入学して、吹奏楽部に入ろうと思ったらその高校にはなく、代わりに軽音楽部というものがありました。その頃の私は、軽音楽部がどういう部活なのか分からず、でも音楽が入ってるから音楽関係だろうから入部してみました。吹奏楽部とは違い、少人数で音楽を作る部活でした。使っている楽器も全く異なり、私にできるのかなと不安になりましたが、私はその時始めてドラムを触りました。トランペットとは違い、ボタンと口で音を変えたりすることもなく、それぞれ出す音が違うドラムに凄く心が惹かれました。しかし、全くの素人だったので毎日基礎練習をして、やっと聞ける程度になってきました。その矢先、先輩に今度隣の高校と対バンやるから練習しててね!と言われました。その時対バンという意味が分からず、でも先輩に言われたので必死に練習をし、毎日バンドメンバーと合わせました。対バンライブ当日に、人生始めてライブハウスに入りました。薄暗く、狭い空間に沢山の楽器があり、色んな人の匂いがしました。いつもとは違う空気と雰囲気の中でバンドメンバーと合わせました。いつもとは違うっていうだけでこんなにも緊張してしまうのだと感じました。周りにバンドメンバーがいるはずなのに、照明は私に降り注ぎ一人のような感覚になります。実際に合わせてみると、いつもと聞こえ方も違い、遅れてしまったりする度にみんなでアイコンタクトで息を合わせて立て直しました。この時私は、これがバンドなんだ、吹奏楽部でしてきた決まった拍数や早さ、楽譜通りの音でもない、自分達で作り、共有する楽しさを知りました。もし、あのときに入部していなければ私は今、誰かと共有する楽しさ、自分達で作り出す空気というものを知ることができなかったのかもしれません。それからライブにはまってしまい、色んなバンドとライブにでて、自分達にはない空気を持つバンドに心が踊ったり、もっとうまくなりたいという向上心に繋がりました。大学に入り、さらに様々なジャンルの音楽や色んな人とバンドを組む経験をしました。今は社会人で中々バンドメンバーと会って練習も出来ませんが、あの時に知った誰かと何かを作ることの大切さや、達成感というものを音楽を通じて社会人になり凄く活かせています。私にとって音楽はかけがえのないもので、今の私を作ってくれた世界で1番私が好きなものです。

改造車 車査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です