熱いしょうが汁の効果

昨年の年末、人生で初めて私はインフルエンザに感染しました。 幸いなことに、金曜日にインフルエンザに感染しましたが、日曜日には高かった高熱も平熱に下がり、月曜日には在宅の仕事を再開しました。
高熱が出てしまったとき、「大量の汗をかいて熱を下げる」と言いように、何枚も厚着をし、2,3枚布団も重ねて私は「汗をかこう」と決めました。 しかし、ただ布団に潜り込んでいるだけで汗はかけず、40℃近くまで上がった熱でぐったりしていました。 そんなとき父親が、「今から熱いしょうが汁作るから飲んだらどうだ?」と言ってくれました。 布団の中で私は「しょうが汁なんて美味しくないから嫌だな」と思っていました。 しかし、父親が作ってくれた熱いしょうが汁は、しょうがとすりおろしたりんごにはちみつを加えて飲みやすく美味しかったです。 「これを飲めば体がポカポカになってたくさん汗をかけるぞ!」と父親が言ったとおり、しょうが汁を一気に飲み干すと、予想以上の汗をかき、2日後平熱に下がりました。

苦しんでいた夜、父親が作ってくれたしょうが汁の効果を痛感したと同時に、熱が出てしまったときは、「熱いしょうが汁を飲めばよかった」と思い知らされました。

低年式 車査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です