宗教者が政治に積極的に関与できるようになりました

“宗教者が政治に積極的に関与できるようになりました

トランプ大統領は、政治活動に熱心な教会が非課税措置を失うのを防ぐ大統領令を発表しました。

木曜日の国民の祈りの日に合わせて出された大統領令は、これまで漏れ伝えられてきたように、企業が性的指向などを根拠に顧客を差別的に扱うことを認めるといったことまでは含みませんでした。

新たな命令は、政府が「宗教的自由を守り積極的に促進する」という、より曖昧な宣言になっています。

この命令は、宗教団体がオバマケアの元での避妊薬を提供する義務を免れることも目的としているようですが、その点について、政権は詳しい説明を避けているようです。

トランプ大統領は、水曜日の夜には福音派指導者と、木曜日の午前にはカトリックの指導者たちと会い、「あなた方は今、言いたいことを言うことができる立場になりました」と宣言し、「私たちは教会に彼らの声を戻している」と述べました。

これまでは神父が説教壇から特定の候補への投票を呼びかけることは禁止されていたようですが、今後はおおっぴらにそれが出来るようになったということでしょうか。

結局これは憲法修正第一条の政教分離に関する問題なのだと思いますが、宗教と政治の一体化は保守派がずっと推進してきたことなのでしょう。国家が世俗主義であるべきか、宗教国家であるべきかというのは、かなり難しい選択なのかもしれませんね。”
ブロリコ ペット用 免疫力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です