オイルカットクレンジング、オイルクレンジングとの違いは?

メイクをしている人や日焼け止めを使っている人は、毎日クレンジングを使って肌の汚れを落としてから、スキンケアをすることになりますが、クレンジングを選ぶときに使用間だけで選ぶことは、肌へのダメージを蓄積させてしまうことがあるため、肌質や肌状態によって選ぶことがおすすめです。メイクをきれいに落とすイメージがあり、洗い上がりがさっぱりとすることで人気があるオイルは、メイクや皮脂、ほこりなどをオイルで溶かして落とすことができますが、肌に必要なうるおいも一緒に洗い流してしまうことになるため、肌が乾燥している人には向いていません。

肌がべたついたり、ニキビができたりする人は、オイリー肌だと思って、オイルクレンジングを使う場合が多いのですが、オイル成分が皮脂を溶かして洗い流してしまうために、肌に必要なうるおいがなくなってしまうことがあります。潤いが足りなくなると、肌が自分自身を守るために、皮脂を過剰に分泌してべたつきやニキビで悩まされるという悪循環に陥っている可能性があるのです。

オイルクレンジングは、汚れや過剰な皮脂を落とすことができる反面、肌に必要なうるおいも取り除いてしまう可能性がありますが、オイルカットクレンジングの場合は、肌に必要なうるおいを残しながら、メイクや余分な皮脂、ほこりなどの汚れもきれいにすることができるという違いがあります。オイルカットクレンジングを使うと、洗い上がりの肌がしっとりとして、つっぱり感が気にならないことや、肌がきれいになっているので、化粧水の浸透が良いことなどが特徴です。

肌は適度にうるおっている状態をキープすることで、正常な働きをすることができ、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーや肌が自分自身を外部の刺激から守るバリア機能は、肌内部の水分量が十分なことが大切です。毎日のクレンジングで、皮脂を過剰に取り去ってしまうと、ターンオーバーやバリア機能を正常に発揮することができなくなってしまうため、オイルカットクレンジングを使うことがおすすめです。

口コミサイトで大人気!DUOクレンジングバーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です