半分以上叶う、夢ノート

私は夢ノートを5年つけています。
最初は手帳を買って、そこに夢リストを書いて満足していたんです。
だけど、欲しいものや、やりたい事、叶えたい事がだんだん多くなってきたんです。
当時はまだ営業のお仕事をしていたのですが、徐々に看護師への憧れが強くなっていった時期でした。
そこで100均でA6サイズのノートを買って、看護学校の情報や3年間で掛かる費用や通学経路など、書き出していたのです。
さらにはどんな資格が欲しいか、どんな看護師になりたいか、何故、自分は看護師を目指そうと思って たのか。
また自分の強み、弱みやそこから生み出せるセールストークなど。あらゆることを自由に書き始めたのが、夢ノートの始まりです。
今では色々な方が夢ノートの書き方などハウツー本がたくさんあり、わかりやすく説明されています。
書き方などはそれぞれ自由なので、ハウツー本を参考にするのも良いですし、オリジナリティある夢ノートでも全然OKだと思います。
でも1つだけ言えるのは、恥ずかしがらずに、自分の欲に素直に従って書く。という事が大切だと思います。
自分の心を素直に書く事って簡単なようでとても難しいです。
そして、ノートを見返す事で自分の方向性や叶っている事がわかってきます。
私の夢ノートは5年間で12冊くらいになりました。ノートの半分以上は叶いました。
書くことで、自分の考えは生理されるし、客観的に見つめる事もできます。
初めは理想の生活、理想の彼氏。欲しい車や希望の年収。行きたい国や行きたい場所。書くと 不思議な事に、どんな方法で辿り着くかはそれまでのお楽しみで、必ず叶うんです。
そんな楽しい夢ノートは100均で一冊購入するだけで、あとはタダです。夢を書いたり、時にはアニメのイラストを書いたりしました。
たまに、ストレスが溜まるとモヤモヤするので、愚痴を吐きたい時は別のノートを使います。私の中では通称ブラックノートと呼んでいます。
そこにはありのままの愚痴を書いて、最後に感謝の言葉を書いて終わりにします。
夢ノートもブラックノートも最後は必ず感謝の言葉で終わりにする事がポイントです。

フィットジャダー不具合修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です