ニキビは甘いものに関係がある

仕事が忙しくて思うように自分の時間が中々確保できない現代人。
ついつい、こんな生活を送った経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
 仕事などが原因で疲れやストレスが溜まってしまい、週末になれば甘いクッキーやケーキなどについつい手が出てしまうのです。

 甘いものを食べると、溜まっていた疲れも取れるし、祝福のひと時でもあるので、ついつい癖になってしまうのです。

 この癖が、実はお肌にとっても悪いダメージを与えてしまいます。
具体的には、疲れていてご飯はあまり食べたくない気分なのに、おやつだけは別腹なんですよね。

 例え風邪などを引いていて、食欲がなくてもケーキを目にするとついつい食べたくなってしまうものなのです。

 特に、ケーキやクッキー類のお菓子は、糖分も高いのでニキビの発生を助長させてしまいます。
糖分は胃の中で消化されると、脂分に分解されてしまうのです。
なので、過剰な糖分を摂り過ぎれば、余計な脂分を作り過剰に皮脂が分泌されるため、それが毛穴などに詰まってしまい、ニキビの発生源になってしまうのです。

 特にニキビが多く発生していた時期は、20代の前半の頃でしたが、その当時の生活を振り返ってみると、コンビニスイーツに嵌っていた時期とちょうど一致していました。

 特に、頬部にできたニキビが化膿して赤ニキビになると、腫れは数日間続き完治するまでは一週間以上要することもありました。
 やはり、甘いものなどの嗜好品は程々に留めるのが、美肌へ導くためには必要不可欠でありますね。

ニキビ跡 効く 化粧水 美容液

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です