アルコールが弱いなら飲めなくてもいい、飲まないほうがいい

私は、アルコール飲料を飲むと、すぐに眠くなってしまいます。1杯のグラスワインだけで頭がぼーっとしてきます。今までにアルコールを飲んだ時の経験から、自分にはアルコール分解能力がきっと低いのだろうと考えていました。そこで、私はアルコールを無理をして飲むことを辞めました。健康上、アルコールを飲むことでの弊害のほうが、アルコールを飲むメリットを勝ると考えたのです。
 社会人になると、多くの人がそうであるように、アルコール飲料が勧められる機会はたくさんあります。仕事上、忘年会や新年会など親睦を深める場では、アルコールを飲まないことが返って場をしらけさせる雰囲気だってあります。
 また、アルコールにはリラックス効果を狙って、親睦を深める機会に利用されるのでしょう。それに、寝る前にお酒の力を借りて入眠を助ける人もいるくらいです。
 では、私がどうしてアルコールを辞めたのかというと、その理由はアルコールによって人生を破綻させてしまった人をみてきたからです。私と同じようにアルコールにもともと弱かった人が、仕事上の付き合いで少しずつ飲むようになり、いつのまにか常飲するようになると体は悲鳴をあげていきます。アルコールで得られていたリラックス効果を得るにも、アルコールの耐性により量を増やさなければいけなくなります。
 つまり、アルコールは依存性があるのです。依存症になると、依存から抜け出すのは難しくなります。アルコールなしではいられない生活になるのです。ですが、アルコールによって最も障害を受ける肝臓は、最終的に肝硬変という病気になり、元の健康な肝臓に戻れなくなるのです。
 私は、アルコール依存の人、アルコール依存の末に健康障害をきたしている人を何人もみてきました。その経験から、アルコールは害でしかないと思うようになったのです。最近は、アルコールを飲もうという気も起きなくなってきました。社会人として、アルコールに弱いのに、回りの人に合わせて我慢して飲んでいる人がいれば、無理しなくてもいい、無理しないほうがいいと言ってあげたいです。

二の腕 ブツブツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です