睡眠不足は血の巡りを悪くする

昨夜はちょっと悩むことがあってよく眠れなかったのです。
いや、悩むというか落ち込むというか(笑)
若い頃は「睡眠不足はお肌の大敵」と言っていましたが、今はもう、お肌だけでなく体全体がぐったりしています。

睡眠が大切なことは誰でもご存知なことだと思います。
睡眠不足になると、とにかく体調が悪い…と実感します。
これほどわかりやすく体感できる事実もないってくらい。
本で読んだところ、睡眠不足は自律神経のバランスを乱すそうです。
具体的には交感神経が優位にたってしまうので、なんと!血流が低下するのです。
人間は血がめぐってこそ健康なので、これは明らかに体に悪い…。
体幹的にわかりやすい例は、なんだか頭がぼうっとすることです。
脳に血が行っていないのが、ありありとわかります。
これが全身、そういう状態だと思うと怖いです。

そういえば、鍼の先生が言っていたことを思い出しました。
(私は健康維持と、痛みの軽減のために、定期的に鍼治療にいっているのです。)
睡眠不足だと、鍼をうっても血流が良くなりにくいので、効果も半減だ、と。
というか、そもそも血流をよくするために鍼をうつらしく、血流は健康の根本だと言っていました。

あ~しかし、本当に今日はずっと、体がしんどいです。
反省して…というか切羽詰まって(?)
今日は絶対、時間的もそして質的にも良い睡眠をとるぞ~!
北の大地の夢しずく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です