ディスカッションが苦手なことについて

人は誰にでも苦手なことがあります。もちろん私にもあります。たくさんありますが、それらの中でもかなり苦手なのがディスカッションです。昔から苦手で、学校や大学で討論する時もろくに発言できませんでしたし、就職活動でディスカッションがあった時にも酷い状況になりました。私が苦手な理由には2つあります。
1つ目は、そもそも流れに着いていけないからです。ディスカッションでは次々と参加者が発言し、話が進められていきます。私はその流れに頭が追いつかず、考えている間に話題が変わってしまうのです。発言を求められても、まだ考え中なのでまともなことが言えないのです。
2つ目は、発言のタイミングがつかめないからです。上手く流れに頭が追いついていけたとしても、どのタイミングで言えばいいのか分からず、機会の逃してしまうことがたくさんありました。いきなり自分が発言したせいで流れを悪くしたりしないか、誰かとタイミングが重なったりはしないかと不安になり、上手く言い出せないのです。
多くの人はそれなりにできるのですが、それができないのが私の悩みでもあります。何かいい方法はないかと模索していますが、なかなか打開策が出てきません。苦手なのは仕方ないので、その分だけ得意なことを伸ばすのもいいのかなと思っています。
盛岡 車買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です