名だたる種類じゃないけれどうちの子達が一番です

うちには茶色の中型犬と茶虎、焦げ茶の猫がいます。
どちらも屋内でいます。元々犬猫飼う気は無かったのに、今では居て当たり前の存在です。

犬は知り合いの家で5年前に1匹だけ生まれた子で、気がつけばうちが飼うことになってた犬です。
他にも欲しいって方がおいでたのにね。
大事にしてくれそうだったからだそうで、あれあれと言ってる間に来ちゃいました。

屋内で犬を飼ったこともない上に、子犬も子犬で目が離せない状態でしたがみるみる育ってしっかりとした中型の雑種犬になりました。

さて、猫2匹の方はというと、これもまた別の知り合いからですが、家の近くで野良猫が子供を産んだそうでかわいそうだと。保健所に連れていかれる!と会うたび言うので、つい『2匹くらいは飼える』と言ってしまい、今日に至るというわけです。

元々更々飼う気がなかったのに、いざ飼いだすとペットというのは不思議です。今では居て当たり前の存在となりました。世間では捨て犬捨て猫の話もありますが、ちょっとしたきっかけやタイミングで救える命があるんだな、とふとした時に思ってしまいます。

ペットと言われるのも、野良と言われるのも同じ犬猫です。
そのラインを決めるのは人だというのが哀しいけれど、心に止めておかなければいけない事だと思います。

動物を捨てるという行為がこの世からなくなりますように。
車査定 千葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です